ブログ「道」

風水家相からみる老人室の吉方位

こんにちは、風水師のはこしま李風です。

さて、昨日は敬老の日でしたね。

皆さんはいかがお過ごしでしたか?

私は、父母と温泉旅行へ出かけました。

元気過ぎる孫達に少々お疲れ気味な感もありましたが、喜んでもらえたようです(^O^)/

 

 誰にとっても親は大切な存在です。

親御さんと一緒に住む為に家を新築するとか、リフォームされるという方が増えていますよね。

そんな時によくご相談を受けるのは、「おじいちゃん、おばあちゃんの部屋をどこに作ったらいいでしょうか?」というものです。 老人室とか隠居部屋とか言われるお部屋の配置、一般的には東南が良いと言われます。

それは、東南という場所が、家の中で一番いい最高の場所だからです。

季節にもよりますが、だいたい朝の7時~11時ぐらいにかけて、部屋の中へ朝の一番良い光が入り明るくて温かいのです。

風水的にも、「整う」「ご縁」「信用」「ご商売」といった意味があり、東南を張り出させたた間取りを設計をします。

親孝行の皆さんは、家の中で一番いい場所をおじいちゃん、おばあちゃんに使ってもらおうと考えるんですね~

(゚ーÅ)  (エエ話しやなぁ)

3876075

ところが…です!

実際に東南を隠居部屋に持ってくると、そこは高齢者の方には熱すぎ!明るすぎ!!なんですよ~

(地球の状態も昔とはずいぶん違がっていますからね…)

年をとればだいたい目の機能は衰えてくるものですが、特に目の弱い方には、光が眩しすぎてツライのです。

 

昔、私のおばあちゃんが元気だったことは、東南にお部屋がありましたが、やはり歳を重ねるごとに「眩しい…」と訴えるようになり、部屋を移しました。

これまでの経験からいうと、隠居部屋は西に持ってくるほうが望ましいようですよ。

ただし、夕方からは西日が入りすぎないように、窓をつくる場所にも気を使ってあげたいですね。

 

TEL:092-761-3685 無料相談受付中! 無料相談受付