ブログ「道」

風水で家を建てる時の第一条件「土地の善し悪し」

 

風水はもともと大地の「気」を上手く利用して、気を整えるという考え方です。

 

ですから、運気を上げるためには「良い土地」に住むと言うことが第一条件です。

 

では「良い土地」とはどんな土地か…?

 

いい「気」の出ている土地のことです。

 

簡単に見分ける方法としては以下のようなお宅は、良い土地にお住まいだと言えます。

 

①植木が元気である。

②小動物が寄ってくる。

③家電製品の持ちがいい。

 

反対に、植木が育たないとか、家電製品の持ちが悪いすぐに故障するなんてお宅は要注意です。

 

 

ではその、目には見えない「気」とよばれるものの正体は?と言うと、

 

実は、地電流と呼ばれる地中を流れる微弱な電流のことなのです。

 

この値が180ミリボルト以上あり、安定していることがとても大切。

 

地電流の値が極端に低かったり、不安定であったりすると、

 

その上に住んでいる人の脳は無意識にストレスを感じています。

 

結果的には精神的、肉体的に健康を害す恐れがあるのです。

 

 

もし、力のない土地であれば風水的に改良することは可能ですよ。

 

マイホームをお考えの際は、まず良い土地づくりから始めることをお薦めいたします。

TEL:092-761-3685 無料相談受付中! 無料相談受付