家相図の見方

家相の見方2(中心)

家相図を見るためには、家の中心を正確に割り出す必要があります。

家の中心の求め方は以下のようになります。

 

基本的には、建物の四隅からひいた対角線が交わる点が

中心となります。

    家相中心      

 図①

張り欠けがない場合は

四角形の対角線の交点が中心となります。

 

家相中心1-3

 

   図➁

 張り欠けがある場合は、張りの大きさを見ます。

張りの幅が一辺の3分の1以上の場合は

張りと欠けの面積が埋め合わせられる位置から

対角線を引き、交点を中心にとります。

 

家相中心1-2

 

  図③

張りの幅が一辺の3分の1以下の場合は

張りの根元を基準とした四角形の対角線

の交点が中心となるります。

 

  家相1-4      

図④

張り欠けの形が複雑な場合も同じ考え方です。

張りの面積で欠けの面積が、埋め合わせられる位置を求め、

そこから引いた対角線の交点を中心にとります。

 

家相では、張りはプラスに、欠けはマイナスに作用します。

 

張りをつくれば必ず欠けができるわけですが、

図➁のような一辺の3分の1以下の張りは『程よい張り』と言われ、

張りのプラス作用のみがもたらされ、欠けのマイナスは存在しない

理想的な張りの形になります。

 

book

TEL:092-761-3685 無料相談受付中! 無料相談受付