未分類

家族と向き合うことから始まる風水家相の家づくり

家づくりといえば、最初に頭に浮かぶのは間取り!という方も少なくないものですが、

具体的な間取りをイメージする前に、家族がそれぞれどんな不満を持っているのかを整理してみましょう。

まずは、家の空間を中心に

「お風呂がもう少し広いほうがいい」

「収納スペースが少ない」

など、日ごろ感じていることをノートに書き出してみましょう。

一通り書き出せたら、次は家族に焦点を当てていきますよ。

ここからが、風水家相を取り入れた家づくりの醍醐味です。

家づくりを通して、自分たちがどんな家族になりたいのかを深めていきましょう。

例えば、お父さん。

「休みの日は、一人だけで出かけないで家族と過ごしてほしい」

「積極的に家事を手伝ってほしい」とか。

子供たち。

「学校から帰ったら、カバンは勉強部屋にかたずけて欲しい」

「いつ出かけていったのか、いつ戻ってきたのか気配を感じたい」

お母さん。

「家の中で一人で働いてる気がして、報われない」

「主人に対して、ハッキリ物が言えるようになりたい」

などなど。

家に対する不満よりも、家族に対する不満の方がとどまるところを知らず
出てて来るかもしれませんね。

風水家相を取り入れて家をつくるためには、まずは家族の現状と向き合う必要があります。

ここが、一般の家づくりとは違うポイントです。

それぞれのご家族の「気」のバランスを整えてくれる空間を作り出すことで、家族は一つになります。

家づくりは、そんな空間を作るということです。

だから、まずは家族に焦点を当てていきますよ。

そして、例えばご主人に協力的になってほしいのであれば、

北西に力を持たせるような間取りを考えます。

また、ご主人の持つラッキーカラーを取り入れて、運気バランスが整う空間をつくりだします。

母として妻として、もっと認めてほしい・・・そんな主婦の力をアップさせるには

南西に力を持たせ、キッチンには奥様のラッキーカラーを取り入れます。

運気はお住まいから上がります。

幸せの基本は家族です。

家づくりをきっかけにして「理想の家族」を考えてみませんか?

TEL:092-761-3685 無料相談受付中! 無料相談受付