場所別の風水

「南」の意味合いと病気

風水・家相上では、方位にそれぞれの意味合いがあります。

 

例えば、南は「火」のエネルギーが司る場所。

 風水で南は「火」を表す

南に水物(お風呂、トイレ、池など)があると、火が水によって消される状態になり凶相です。

 

病気でいうと、心臓、目、脳などの病気となって出てきます。

 

また、酒乱などお酒による問題を起こす可能性があります。

 

特に巳、午、未の年に生まれた方にそのような症状が出やすいのです。

 

その他に、地位、名誉、目上の引き立て、裁判沙汰などの意味合いがありますので、

 

お住まいの図面を設計する際には、南側に水回りを持ってこないようにしてください。

 

もし、南側に水回りがあるの場合は、綺麗にお掃除しマメな換気を心がけましょう。

 

お庭に池がある場合は、できれば水を抜き枯山水の庭として楽しまれることをオススメします。

 

風水・家相とは自然のリズムとの調和です。自然の流れに即した暮らしを心がけたいものですね。

お住まいの「南」の状態によって、でてくる病気

 

 

TEL:092-761-3685 無料相談受付中! 無料相談受付