風水埋炭法とは

風水埋炭法とは

古来より行われていた埋炭法

現在、香港の実業家の90%以上が何らかの形で「風水」を取り入れています。
その中でも、「風水埋炭」は開運法の一つとして、古来よりおこなわれてきました。
備長炭や竹炭のように高温で焼いた炭を大量に地中に埋め、炭の持つ帯電性(磁気を引き寄せる力)を利用して地中に走る微弱な電流(地電流)を集めて磁場の安定を計るというものです。

磁場の安定 「龍穴(りゅうけつ)」 「イヤシロ地」

磁場が安定しているエネルギーの強い土地を、風水では「龍穴」「イヤシロ地」といい、ストレスが少なく植物も大きく成長し、人間ものびやかで健康な毎日を過ごすことができます。一方、磁場が不安定でエネルギーの弱い土地では逆の現象が多くみられます。
このことは、故楢崎皐月博士の研究で実証されています。

この力を知っていた昔の人は、磁場の安定した土地「龍穴」に宮殿や神社などを建て、繁栄していきました。
しかし、自然に存在する「龍穴」は少ないため、人工的に「龍穴」を作り出していきました。それが大量の炭を使った埋炭法です。

現在でも、備長炭などによる埋炭法は行われていますが、龍穴のような効果を出すためには数百キロから数トンの大量の炭を必要とし、埋設の工事もおおがかりで不経済です。
そこで、簡単で効果があり、経済的な「太喜」による埋炭法が出来ました。
≫ 太喜の紹介はこちら

<炭のチカラ 太喜>風水埋炭法で健康・大開運
有限会社 タオコーポレーション
福岡県福岡市中央区渡辺通り5丁目14-10サトウビル801
TEL:(092)761-3685 FAX:(092)761-3681
Copyright(c) 2015-2018 Tao Co,.Ltd Allright Reserved.