鑑定サービス

解体

 

解体の手順

 

長年の間、暮らしてきた家と住人とは、気が同調しています。

私の体験談でもお話いたしましたが、家を壊すということは、

自分の体にメスを入れるのと同じ事です。

 

家を扱う中で一番注意がひつようなのが、この解体。

 

まずは、解体する家からできるだけ早くに引っ越して、

家の中から住人の気を抜きます。

 

その際は、可能な限り吉方へ引っ越て、戻ってくる際も

吉方となる時期と方位を選びます。

 

できるだけ早い時期にご相談いただくことが大切です。

 

 

解体することで起きる悪い現象は、今まで安定していた

土地の磁場が乱れることが原因だと考えられます。

 

そこで、家を壊しても磁場が乱れないよう解体前に、

家の周りに「太喜」を埋炭します。

 

その後、簡単に掘り起こして新築の際に改めて有効な場所へ

埋め替え可能にするため、ネットに入れて埋炭しています。

 

特に、道路拡張などで家を立ち退いて直ぐに解体されてしまう

場合などに、有効な風水術です。

 

道路拡張で取り壊しになった町のあちこちに、忌中の札が

ずらりと並ぶという悲しい光景を目にするのは、こういう訳が

あるからなのです。

 

 

太喜はご自身で簡単に埋炭していただけますので、

ご安心ください。

 

一般住宅であれば、家の四方にバランス良く、

6個~8個埋炭するのが理想的です。

 

 

埋炭した箇所が分かるように、ネットの頭を出した形で、

埋めています。

 

普通の木炭とは違い、太喜は溶けて流れだすことはありません。効果は半永久的に持続します。

 

 

 

TEL:092-761-3685 無料相談受付中! 無料相談受付