風水家相の基礎知識

風水と三元九連

≪三元九運とは≫

中国風水の基本理論には、三元九運という考え方があり、この理論をもとに

歴史の栄枯盛衰を推し量ることができます。

現代に生きる私たちも、この理論をもとに風水をうまく活用していきたいものです。

風水では土地の良い気のエネルギーをうまく取り込んで、開運を図っていくものですが、

この気のエネルギー(地電流)は20年ごとにその流れを変えています。

この20年の区切りの元になっているものが三元九運です。

 

≪三元九運の周期≫

甲子から癸亥までの六十干支60年を「一元」と言う単位にし、

上元・中元・下元の60年を3セット繰り返す180年周期になります。

一運は一白水運、二運はニ黒土運と言うように九星と似た呼び方がされています。

≪三元九運の意味≫

七運は七赤金運、つまり五行の「金」にあたります。

象徴的な意味としては、悦び・贅沢・金銭・不足。方位は西を表します。

1984年~2003年が七運ですが、ちょうど1986年~1989年がバブル全盛期でした。

八運は八白土運、五行では「土」にあたります。

象徴的な意味としては、変化・停止・継ぎ目・復活。方位は東北を表します。

このように一運~九運はそれぞれ陰陽五行の属性を持っています。

2004年から第八運に入っていますので、今後時代の転機が訪れるかもしれませんね。

≪三元九運と歴史≫

歴史事実は三元九運の正確性を裏づけています。

中国の古代王朝、殷・周・漢・唐などの滅亡、または滅亡の原因となった出来事は

全て下元時代に起っています。

そして、日本でも応仁の乱による戦国時代、江戸幕府の崩壊も下元時代のできごとです。

産業面においても、下元時代に産業革命の芽が生まれ、上元時代に大きな成長をとげており、時代の浮き沈みを表しています。

 

 

三元 九運 西暦180年間
上元 一運 1864~1883
(甲子~癸未)
ニ運 1884~1903
(甲申~癸卯)
三運 1904~1923
(甲辰~癸亥)
中元 四運 1924~1943
(甲子~癸巳)
五運 1943~1963
(甲申~癸卯)
六運 1964~1983
(甲午~癸亥)
下元 七運 1984~2003
(甲子~癸未)
八運 2004~2023
(甲申~癸卯)
九運 2024~2043

 

 

TEL:092-761-3685 無料相談受付中! 無料相談受付