風水家相の基礎知識

家相と病気

家相の目的のひとつとして、「親子三夫婦が一軒の家に円満に住めるように」という事をよく言われます。

親子三代の夫婦が住むには、まず長生きでなければなりません。

また、平和に住むためには病気があったり、親子、夫婦のいさかいがあってはいけません。

 その上経済的にもある程度の裕福さがなければなりません。

なかでも病気をせずに長生きすることが第一ですので、家相・気学はその予防的なものとして大変効果的なものであるといえるでしょう。

 

生き物である以上、寿命があるのは当然です。

ただこの寿命を全うする程の長命でありたいと願うわけです。

一説によると「癌は誰にでも発生するものであるが、その人が死ぬまでに発生するか否かである」という論もあります。

四柱推命学や気学からみて誰しも弱点があり、発生しやすい病気と発生しにくい病気とがあります。

この発生しやすい病気を発生させないようにすれば、その人の長生きできる可能性が大きくなるわけです。

このもって生まれた弱点を補強していこうというのが、家相の働きといえます。

 

TEL:092-761-3685 無料相談受付中! 無料相談受付