九星で占う今年の運勢

気学風水で占う平成30年(2018年)の運勢

平成30年は戊戌(つちのと・いぬ)・九紫火星の年です。

戊(つちのえ)は「植物の成長が絶頂期を迎えている状態」、戌(いぬ)は「草木が枯れ朽ち果てている状態」を表します。

正反対の意味を持つ記号が合わさっており、運勢が吉の人と凶の人と、両極端に差が激しく現れてくるでしょう。

また今年は、九紫火星(きゅうしかせい) が支配する年になります。

九紫火星には、光り、華やか、美容、知識、芸術、別れ、争い事などの意味合いがあります。

人物で言えば、オシャレな大人の女性が活躍する年です。

温泉や世界遺産を巡りながら、美容と知識を磨くことで運気が上がりますよ。

 aab391d2de8f4981638ac80b9954c237_s

経済状況や世相では、以下のようなことが言えます。

・経済格差が広がる

・新しい学術的発見がある

・秘密や陰謀が暴かれる

・火山の噴火や地震

・軍事的な衝突が起こりやすい

 

TEL:092-761-3685 無料相談受付中! 無料相談受付